080-4918-8944

ブログ

2017/12/23(土)

大腿骨頚部骨折・坐骨神経痛の女性の改善例

カテゴリー:新宿 坐骨神経痛, 新宿 整体

 

大腿骨骨折がきっかけで、お尻から太ももが硬直し、家事を夫に任せるようになった女性の改善例

T様

 

T様が当院に来院された経緯

坐骨神経痛で悩み、左お尻の痛みや時々痺れることもあります。「お尻や太ももが鉄のように重たく、硬直する」と悩み当院に来られました。

夫と愛犬と二人暮らしのTさん。

2011年愛犬をかばって交通事故にあい右大腿骨頚部を骨折、当時手術をした整形外科でリハビリもなく退院し、指導されたストレッチと筋トレを続けていた。

他にも慢性腰痛、糖尿病、強皮症、ヘパーデン結節、膠原病を患っている。小児側湾症もあり。膝がガクガクし、ヒアルロン酸を注射している。

週3日ピアノ教室の先生をしているが、硬直感が辛い。

今は硬直で買い物に出かけられなくて、全部夫に任せている。坐骨神経痛を治して、盲目の愛犬をバギーに乗せて散歩してあげたいと希望を話される。

 

 

初回のカウンセリングの様子

恵川院長石川
Tさん初めまして。
院長の石川です。宜しくお願いします。
これまでの経緯についてお話いただけますか?

Sさん
はい。きっかけは8年前に愛犬をかばって事故にあったことです。大腿骨を骨折したけど、リハビリがなく自宅で過ごしていました。膝がガクガクするのはそのせいだと思います。坐骨神経痛が最近はでてきて、お尻から太ももが鉄のように重たく、外出ができないんです。買い物も夫に任せきり、愛犬の散歩もできなくて辛いのです。太ももの硬直感はひどい時は仰向けでもひどいんです。

あと、小児側わん症もあったのですが、それは2年間薬で治癒と再発を繰り返してきました。1年待ってゴッドハンドに診てもらい、仙腸関節をグキグキする治療も受けたことがあります。貧血、糖尿病、糖尿、強皮症、ヘパーデン結節にもなっています。

痛み止めの薬は朝と夜にピアノのレッスンがあるときは飲んでいますが、効果は持続はしません。


恵川院長石川
ありがとうございます。

そうでしたか、太ももが硬直するような坐骨神経痛で外出もレッスンも辛いのですね。

わかりました、痛みの原因を探すために、今から評価していきます。

では身体をチェックしていくので、立ち上がってもらっていいでしょうか?

検査の結果

検査の結果・・・

痛みや痺れを引き起こしている原因が
「股関節の可動性の低下」

「お腹、お尻、足、腕などの筋肉」

にあると判断いたしました。
これをTさんに一つ一つ丁寧に原因と検査結果と
施術方針をお伝えしました。
まずは、この問題点を取り除いていくことで経過をみながら
施術の間隔を決めていきましょうとお話して初回の施術に入りました。

初回の施術

初回は背面の筋緊張の調整と腕の筋肉の調整を行いました。

そうすることで、痛みと直結している部分を変化させていきます。
しかし初回はあまり痛みは改善しませんでした。

姿勢や筋膜の調整方法をご説明し、次回以降の施術方針をお伝えし、その日は終了。

股関節を外に開く筋肉が短縮し、動きが非常に小さくなっていたため、改善にはかなり時間がかかることをお伝えしました。

3回目の施術 初回より15日後

「車で歯科に行った帰りにデパ地下に寄れました。」

坐骨神経痛で動けない痛みのひもあれば、軽い日もでてきました。

股関節をうつ伏せで平泳ぎの足にした状態から外側に外旋すると、かなり硬くなっており、本人もストレッチのときお辛そうにしていました。

 

19回目の施術 初回より189日後

「この前の施術後電車に乗って歩いて自宅まで馴染みの店に寄りながら帰ったり、ワンちゃんをバギーに乗せて散歩できました。すごいでしょう!」

当初の目標だった愛犬の散歩や歩いての買い物ができたと嬉しそうにご報告いただきました。

股関節の硬さはまだまだありますが、ストレッチの時に本人が辛そうにする程度はグッと減っていました。

 

 

恵川院長石川
まとめ
今回のTさんの症状は坐骨神経痛で、殿部から太ももにかけての硬直感と時々起こる痺れが主症状でした。

T様は、初診時の検査と施術の結果、股関節がの可動性がかなり制限してしまっていることや、既往歴の多さなどから、改善に時間がかかるタイプだと判断いたしました。

股関節の外に開く筋肉の硬さが改善してきたと同時に症状が緩和する日が日に日に増えていきました。

「まだ太ももの硬直感がある日があるから、引き続き治療に通いたい」とおっしゃっていただいております。

 

もしTさんのように大腿骨頚部骨折を患っていて、股関節の可動域が狭まっているかたで坐骨神経痛に悩んでいるかたは、ぜひ一度ご相談ください。

Tさんのように回復する可能性は十分あります。

 

石川 理恵

電話

整体院恵川

住所:東京都新宿区高田馬場3-1-5サンパティオ高田馬場517

電話:080-4918-8944 休診:第3土日・不定休

受付時間:9〜20時

29.11最新の地図

グーグルマップで開く

↓↓その他の症例報告もクリックして合わせて読む↓↓

坐骨神経痛の女性の改善への道のり」

 

ギックリ腰の男性の改善への道のり

 

同じ姿勢でお尻が痛くなる女性の改善への道のり

 

繰り返す痛みが悪化し歩けなくなった女性の改善への道のり

こちらはインタヴュー動画

 

https://youtu.be/MFbYC-YHQFs

 

膝の痛みで階段が辛い女性の改善例

インタヴュー動画

https://youtu.be/bSGTlL4uOzs

坐骨神経痛で座っていられない男性の改善例

 

「4ヶ月続く坐骨神経痛を改善し、ランニングが再開できるようになった男性」

 

大腿骨骨折がきっかけで、お尻から太ももが硬直し、家事を夫に任せるようになった女性の改善例

 

 

 

 

 

8月23日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残2名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。